今、勝利よりも大切なもの

リーグ戦初勝利からの裏天王山惨敗
感情の起伏が大きすぎる一週間だったが、今週末にはダービーが控える
ハリル解任からの西野就任、というビックニュースもありガンバサポにとっては慌ただしい今日この頃

どの報道が真なのか判断しきれないが、代表の解任騒動は選手の意見が反映された面もあるようだ
去年の長谷川解任も、選手側の意見が一要因と聞く
両方とも、スター・レジェンドの存在がどうしても見え隠れするが、ビックネームの終盤の取り扱いは難しい問題の一つ
選手の声を聞くこと自体は悪く無いが、明確な方向性がない中では、
誰もがしてきていない経験に裏打ちされた言葉に太刀打ちできない状況が容易に想像がつく

マリノスは中村俊輔というクラブにとって唯一無二の存在と決別する道を選んだ
当然サポーターからの反感は半端なものでは無かったし、ガンバでも同じことは起こして欲しくないとは思うものの
プロとしては、間違った選択では無いように思う
「中村俊輔のマリノス」からの脱皮を図ったのだ
個体差がなくなりつつあるJリーグにおいて、チーム戦術は強化するべき最重要ポイントであり、
それは例え経験豊富な選手であろうと、その主観に基づいて構成されてはならない
世界のトレンド、アジア(ACL)のトレンド、Jのトレンドをきちんと把握し、向かうべき方向性を示す戦略が必要
コンセプトが自由、ピッチ上の指揮官に委ねる、で勝ち切れるほど甘い世界ではなくなっている

苦しい状況が続く中、勝ち星が欲しいものの一つであることに間違いないが、
仮にダービーに勝ったとしても、ここを解消しない限りガンバに未来は無く、また同じことを繰り返す
今のフロントとクルピには、残念ながら期待できず、その閉塞感が何とも言えない気分にさせる

推測でこのようなことを書いている中で申し上げづらいが、筆者はスターに憧れ、レジェンドに陶酔してきた
当然、彼らにはいつまでも輝いて欲しいものだ
だが、変化しなければならない時は必ず来る。ガンバにとってはそれが今なのではなかろうか
そして、その一歩を踏み出す勇気がなければ、歴史は繰り返される
そう思わずにはいられない


この記事へのコメント