兆し / vs 仙台

連勝へのチャンレンジ、三度目の正直
内容は苦しいものだったが、何とか勝ちを手繰り寄せることができた
こういった試合で勝つという経験は非常に貴重で、リーグ戦の終盤で効いてくるはず

守備の安定が図れてきているのは大きい
仙台としてはガンバの両SBをWBに食いつかせCBが横ずれしたスペースを狙う、というのが基本路線だったが、
前半の途中からガンバは両SHが対応する形で対応し、DFラインは中央を固めた
ただセカンドの回収率が悪く両サイドの重心も低いので、スムーズに攻撃に移れていなかった
そう、まさしく健太政権を思い出す前半だった

変化があったのは後半。ボランチに今野を入れ、遠藤を一列前、藤本を右にスライド
守備面での不安はあったが、引いてしまえば守れるという手応えがあったのか、ある程度クロスはあげさせていた
藤本は中のコースを消すタスクはこなしながらもWBには食いつき過ぎず、あえて攻め残ることで攻撃の起点となっていた
多少軽いプレーはあったが、遠藤とのパス交換やそこからの質は見事
セカンドの回収率も今野・マテウスの個人能力で大きく改善し、攻めはされたもののゲームはコントロールできていた印象

遠藤・藤本の2列目での並列はポジティブな印象がない中、あえてそれを選択した指揮官
プラン立てされたものなのかは分からないが、狙いを持った交代ができる戦力は整いつつある
固定化や編成に疑問は残るが、本人的にはここからが腕の見せ所、といったところなのだろうか

何はともあれホーム4連勝で降格圏内も脱出
鬼門となりつつあった吹田も素晴らしい雰囲気でまさしく”ホーム”となりつつある
ただ、中断期間までもう一踏ん張り
札幌は強敵だし、浦和・横浜は順位が近い
ここで何ができるかで、”見極め”の成果も大きく変わると言えるだろう


この記事へのコメント